Top
カテゴリ:book( 2 )
読書
定期的に訪れる「読書が無性にしたいよ病」が最近また発症しましたよ。
本当なら好きな作家さんの文庫本でも集めたいのですが、
夏のために趣味への投資を止めている私にとっては到底不可能なこと.....
(DPT関連は別として・・・・は、ははは)

と、いうことでタダ☆で借りれる大学の図書館をよく利用します。
友達は図書館の雰囲気が苦手だと言ってたけど、
逆に私は大好き。
芸術とか、英米文学の場所を眺めているだけで楽しい。
なんか、自分の心の中だけでテンションあがってる状態に陥るのです(汗
おお!この作家さんの本があるよ!とか、
うおお!すごい揃ってるよ!とか・・・・・ね。変人ですね。

今日はシャガールの回想録を借りました。
彼の描く絵はすごく好き。あんなに素敵な(でも複雑なんだよね・・)感性を持っている彼は
どんなことを考え、どうやって生きたのか。気になるところです。早く読みたい!

大学のうちは時間がたくさんあるから、
その中でできるだけ本を読んでおきなさいと、英語の先生が言ってました。
本を読むのはいいことだ。語彙も増えるし、考え方も変わる。うんうん。


ちょっと今日はお金絡みで色々あって、
こんな自分のために東京に出してもらって
おかあさんおとうさんにすごく悪いと思った。ほんとにごめんなさい。
お金かけてもらってるんだから、今のうちに何かしなくちゃ。
小さなことだけど、できる限り本を読んで、知識をいっぱい詰め込みたい。
もっといろんなことを知りたい。
頑張ろう。

さて、明日は移動1時間半かけて授業。交通費が馬鹿にならないんだなこれが(泣)
[PR]
by biggles | 2006-05-22 23:29 | book
読書の春
暇です。
廃人になりそうなほど暇。

家にいたら化石化してしまいそうなので今日はあるお宅に無理矢理お邪魔してきましたが、それまではずっと本読んでました。

小さい頃から読書が好きなインドア派だったので、
今までかなりの本を読んできたのではないかなぁ。
受験が近づくにつれて読めなくなったので、
読書は久しぶり。

『失はれる物語』 乙一
f0083929_2161513.jpg
これはすごい。乙一さんは初めて読んだとき衝撃を受けて。
確か初めては「暗黒童話」でした。そりゃ衝撃受けるわな(笑)タイトルのお話はあまり好きじゃないんですが、最初の「Calling You」に泣いた泣いた。それとタイトルは忘れたけど、生きることになんの希望も見出せない青年と、明るい幽霊と子猫の不思議な共同生活のお話もとても感動しました。
彼の描く主人公って、よくいるかんじの設定じゃなくって、世間を歪めてみているような、心は繊細すぎてうまく人とコミュニケーションできない子が多いと思う。
そういうのって正義感の強くて頼りになる明るい主人公よりよっぽどリアルで親近感が持てる気がする。
そういえば映画化する『ZOO』はまだ読んでない。
あまり評判がいいと逆に読みたくなくなるわたし。


昨日読み終わったのは
『パロサイ・ホテル 上下』 島田荘司

お久しぶりの島田さん♪中学時代はお世話になりました。
御手洗シリーズは一時期忘れかけてたんですが、この前偶然図書館で発見。
内容は簡潔にまとめると、石岡さんと里美ちゃんがあるホテルに地下室の謎を解きに行き、そこで25作の御手洗潔のパロディ作品を見つける。謎を解く鍵になるのではと、二人はその作品を読んでいくのですが・・・・

というかんじ。うーんわかりづらい。
面白かったけど結末にいくまでにちょっとわかっちゃったので残念でした。
でも島田さんの作品は本当に好き。
ベタかもしれませんが「異邦の騎士」は自分の中でトップクラスです。(何の)

読書熱が止まらない!次は恩田陸さんを読むぞー。
[PR]
by biggles | 2006-03-08 20:57 | book