Top
カテゴリ:movie( 7 )
* * *
映画のお話。
未だ映画にはまったく詳しくないきょうこのごろですが
7月からのカウリスマキ監督の「街のあかり」とか、観たい。

f0083929_18463111.jpg<パリ・ジュテーム>
もうこれ相当前に観たのであんまり覚えてないんだ・・・(3月くらいかね) 18人の監督たちがパリを舞台にそれぞれ18の物語をつくってます。
一人の持ち時間は約5分くらいなので、かなりめまぐるしく物語が変わります。?!と思うのもあれば(イライジャのやつとか唐突だったわ)すごく素敵なものもあり、5分間の短いなかであれだけ物語を発展させてしかも自分の味を出しているので、映画監督てすげえなあ・・・としみじみとね。感じましたよ。
ぱっと見恋愛話だけかなと思いきや(なんせタイトルがパリ愛してるだし)、もちろん恋愛ものもあったけど、違ったかたちでパリへの愛を表現している作品が多かったです。
ずっと観たいと思っていたので観れてよかったわ。




f0083929_18471489.jpg<黄色い涙>
嵐主演の昭和の時代の夢を追う若者達の切ないけれどあったかいお話。
嵐の中では二ノ宮君がすき。(誰もきいていない)
最初は昭和の雰囲気と、どうみても現代顔の5人とのギャップに少し戸惑った感があったけど話しが進むうちに慣れていったし自然になった。
漫画家、小説家、画家、歌手、夢はあるけど本当にダメダメな彼らが、ひと夏で自分の才能を試し、その結果・・・・
その日暮らしのこんな生活していて、俺たちこれからどうなっていくんだろう。ていう不安は、今のわたしにもあって、ちょっと苦しかった。でも彼らはしっかりした夢があっただけましかな。
この日、上映後になんと犬童監督のトークショーが。
映画に対する質問を受けていて、すごく疑問に思った部分の、監督の意図が聞けて納得。いやあ、よかったです。
[PR]
by biggles | 2007-06-05 17:31 | movie
brothers of the head
f0083929_22274892.jpg
観てきましたよー!
いま、巷で噂の(ってたぶんわたしの周りだけ)brothers of the head。

『1975年イギリスで鮮烈なデビューを飾った結合体双生児ロックバンド、ザ・バンバン。

バンドを率いる結合体双生児トムとバリーによる過激なステージ・パフォーマンスと不気味なほどの美しさが、一瞬にして人々の嫌悪と恐怖を熱狂に変え、ザ・バンバンはデビューと同時に一気にスターダムにのし上がる。しかし、ある女性との出会いでトムとバリーの運命の歯車は狂い出し…。

離れたくても離れられない兄弟の魂の叫びが胸に突き刺さる衝撃作。』

☆ ☆ ☆
[PR]
by biggles | 2007-02-08 22:27 | movie
結合体双生児ロックバンド
f0083929_16394958.jpg
Brothers Of The Headが観たいです。
観たいです。観ます。観に行きます。行きますとも!

サムサッカーを観に行ったときに、ちょうど予告がやっていて。
ライブ映像があまりに生々しくリアルに描かれていたので、ノンフィクションだと思ってしまったのですが、フィクションです。
でも観たらきっと、現実にこんなバンドがいたと錯覚してしまいそう(笑)

そして、なんだかあのバンドを思い出しますねえ.......(遠い目)

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +
今日Havenチケが届きました!
やほう。
20番以内でした。あそこで焦りまくらなければもっと良番だったのになー
と悔やむところあれど、見れるだけでいいじゃないか!
そうだそうだ。(勝手に納得)

楽しみすぎてJetのことを忘れそうになっていたぜ。

さて。今日はこれからクラスの友達のお誕生日会ですって。
うちのクラスってつくづく仲いいよなあ。
[PR]
by biggles | 2007-02-02 16:51 | movie
夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く
f0083929_20155194.jpg
リトル・ミス・サンシャイン、見てきました。といってもバイト先なんだけどさ....

<以下オフィシャルサイトより↓>

アリゾナに住むフーヴァー一家は、
“リトル・ミス・サンシャイン”コンテストに繰り上げ参加することとなった娘オリーヴを連れてカリフォルニアに向けて出発。
独自の成功論を振りかざす家長リチャードとバラバラな家族を必死でまとめようとする母シェリル、家族を嫌って沈黙を続ける長男ドウェーン、ヘロイン常用者で言いたい放題の祖父、失恋が原因で自殺をはかったプルースト研究者のフランク、そしてビューティー・クィーンを夢見るオリーヴが乗ったミニバスには一触即発の空気が漂う。
そして、オンボロバス車までもが故障し始める。
フーヴァー一家に危機に次ぐ危機がふりかかる!?

☆ ☆ ☆
[PR]
by biggles | 2007-01-04 20:45 | movie
Tickets

f0083929_14244616.jpg

昨日、
渋谷シネ・アミューズにて明日へのチケット観てきました。ずっと観たいと思っていたので、今回行けてよかったー。




エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチの3監督がそれぞれ、乗車券(tickets)から始まる物語を描いていて、3つは全然違った内容で3監督の個性が発揮されていながらも、
どこかですべてが繋がっているような、そんな感じ方をさせるお話でした。
わたしははじめの教授のお話が特にすきかな。

人間には、ひとりひとりの人生があって、悲しいことがあったり挫折したりするけれど、
その中で希望や喜びを見出して、成長していくものなんだよね。

映画の中ではほとんどスペイン語。一応勉強してる身としては何言ってるか分かるところがあると、ひそかに嬉しく思ってしまった。スペイン語って聞いててすごく心地良い。

誰がどの物語を作ったのか知らずに観ていたのだけど、
ラストのはケン・ローチだろうな、と思っていたら本当にそうだった(なんとなくの勘で...)
最後、胸にくるものがあってうるうるきてたのに、上の3人の男の子たちの言うことが可笑しくて泣いてるんだか笑ってるんだかよく分からん状態になったけど(笑)、それはそれで、よかったのではないかと。
彼の最近のもうひとつの作品「麦の穂を揺らす風」も観たい。

と、いうわけで。
[PR]
by biggles | 2006-11-23 14:57 | movie
おやゆび すうひと

f0083929_23304269.jpg

もう1週間前のことになってしまいますが、
以前観たいと言っていたThumbsucker観てきました。
渋谷シネマライズは初めてだったんだけど、雰囲気があってとっても素敵な映画館で、
すぐに気に入った。始まる前に流れてくる音楽も映画のイメージに合っていてこれも素敵な演出。

それで、そのあとは?
[PR]
by biggles | 2006-10-11 23:25 | movie
フツーに心配な僕のミライ。
f0083929_202138100.jpg











マイク・ミルズ監督の映画サム・サッカーが見たい。
この前タワレコ行ったときに偶然この映画のことを知りました。

主人公ジャスティン役のルー・プッチ君。
Nine Black AlpsのSam君にちと似てる。と思ったのはわたしだけかも・・・?(髪型だけ?)

キアヌも何気に出演してるところがなんだかいい。(しかもロングヘヤー。素敵。)
極め付けにサントラはエリオット・スミスときてる。これは見たいです。

9/23よりシネマライズで上映予定なんだけど、他の劇場ではやらないみたいだから渋谷まで行かんとなー。映画館に行って映画見るの、すきなんだけど、そこに行くまでの過程とかが面倒で(どんな過程だよ)あんまり行かないわたし。
でも今回は行きます。久しぶりにすごく見たい映画見つけた。
[PR]
by biggles | 2006-09-08 20:41 | movie